犬の歯周病と歯肉炎、お手入れについて

犬が大量のよだれを垂らしている時や、口が臭う時は、口の中を観察してみてください。
歯に歯石が付着している場合は、よだれや口臭は歯周病の可能性があります。

歯周病とは・・・

歯石によって歯茎が炎症を起こす歯肉炎と歯肉炎が悪化して歯を支える歯槽骨が炎症を起こす歯周炎の事です。

初期段階の歯周炎は歯石除去をすることで進行を防ぐことはできますが、
歯のぐらつきなどの歯周炎の症状がある場合は長期的に抗生物質の投薬を続けなければいけません。
頬の皮膚が破れるほど炎症が広がる場合もありますが、その場合は手術が必要になる可能性もあります。

特にチワワなど小型犬は、歯と歯の隙間が狭いので食べかすが溜まりやすく、歯槽骨も薄いので歯槽骨が早く溶けてしまうので歯周病になりやすいのでこまめに歯磨きなどをしましょう。(参考:チワワのかかりやすい病気

他の口臭の原因

歯石はないが、口臭が気になる・・・悪臭がする時は口内炎や舌に腫瘍ができていることもあります。
炎症を起こしているなら投薬治療で治りますが、腫瘍の場合は手術が必要になります。
口内の腫瘍は見つけにくいので気付いた時には、他の場所に転移している事もあります。
舌に腫瘍がある場合や舌に異常があるときは、舌を出しっ放しにしている事が多いので、普段と違って最近舌をよく出していると思ったらよく見てみましょう。
他にも口内に異常があるときは、食べるのが苦痛になって食欲が落ち、体力も落ちてきます。

歯周病などの予防のために犬にも歯磨きは重要です。
犬は人間よりも歯垢から歯石になるのが早いので放っておくとすぐ歯石になり、さらにその上に歯垢が溜まりやすなりそれがまた歯石になっていくのです。
予防のためにも歯磨きは重要ですが、いきなり歯磨きをしようとしてもわんちゃんが怖がったり逃げたり口を開けてくれない事もあると思います。
最初は口を触る事に慣れさせるのが大事です。
優しく触って口元をめくって歯を出して触らせてくれるか?嫌がってないか?最初は短時間ずつ繰り返しやって慣れさせてみましょう。
口を触っても嫌がらなくなって慣れてきたら指にガーゼなどを巻いて歯を触ってみましょう。
口の中に指を入れられる事に慣れさせましょう。
トレーニングと一緒で歯磨きをすると良いことがあるんだよと教えてあげましょう。
良い子に口を触らせてくれたらおやつをあげる。
歯を触らせてくれたらおやつをあげる。
少しずつ慣れさせましょう。

犬の体臭について

体臭は皮脂腺から分泌される脂のニオイなので、その体臭が強くなったりする場合はご飯の脂分が原因の可能性があります。
ご飯が原因の場合は無添加の物に切り替えたり食事を変える事で体臭も変わってきます。
他にも皮膚炎などで体臭が臭くなる事もあります。
皮膚の化膿がひどい場合はかなりな悪臭がすることも・・・。

犬のグルーミング

グルーミングとは、ブラッシング、シャンプー、耳掃除、爪切り、歯磨きなど手入れ全般の事です。

ブラッシング

長毛犬種は基本的には毎日ブラッシングをします。
短毛犬種もできるだけ頻繁にブラッシングをします。
ブラッシングは毛並みを整えたり毛玉ができない様にするだけの為ではありません。
皮膚をマッサージして血行を良くする効果もあります。
他にもほこりや汚れを取る為でもあります。
ブラッシングは全身を触るので病気の早期発見ができる場合もありますし、全身を触る事で犬とのコミュニケーションにもなります。

ブラッシングで使用するブラシも長毛用・短毛用とあります。
長毛と短毛でブラッシングのやり方も違います。

シャンプー

生活環境や毛の状態によって変わりますが、シャンプーは月に1度か2度くらいは必要です。
シャンプーのしすぎは脂分を取り過ぎるので良くないので頻繁にシャンプーする必要はありません。
体調の悪い子などは無理にシャンプーをせず、濡れタオルなどで体を拭く程度で大丈夫です。
犬用のボディタオルなどもあるのでそれを使用してもいいです。
犬の毛質や皮膚に合った物を選んで下さい。

シャンプー前には必ずブラッシングをして毛をほぐして下さい。
シャンプー前に毛玉や死毛が残っているとシャンプーの後毛がからんでほどけなくなってしまいます。

体を濡らす時は、35度くらいのぬるま湯のシャワーで背中のお尻の方から首の方に向かって濡らして下さい。
顔を濡らす時は鼻に水が入らない様に鼻先を上に向けて、ゆっくりと顔全体に滴るようにして下さい。
長毛犬種はブラッシング後、背線分けのまま洗って下さい。

シャンプーをする前に肛門絞りもやっておくといいです。

シャンプー後はよく洗い流して下さい。
シャンプーが残っていると皮膚病の原因になったり、かゆみが出たりもします。

シャンプー後はリンスをしますがリンスもしっかりと洗い流しましょう。
シャンプー同様残っていると皮膚病の原因になります。

タオルドライする時はタオルでこすってはいけません。
体を押さえる感じで水分を取ります。

耳掃除

長毛犬種や、垂れ耳の子は汚れが溜まりやすいのでこまめに確認してあげて下さい。
耳掃除は1週間に1回くらいはしましょう。
耳の汚れをそのままにしておくと外耳炎になったり、耳ダニが繁殖したりします。
耳の中を強くこすったりしない様に気をつけながら耳掃除をして下さい。

爪切り

爪が伸びすぎると歩きにくくなって、関節に負担がかかったり、爪が丸まって伸びるので肉球に食い込んでしまうこともあります。
爪切りをする時に一緒に肉球の間から毛が出てないかも確認し、伸びてきている様ならカットしてあげて下さい。
毛が肉球にかぶると滑りやすくなって関節に負担もかけますし、怪我にも繋がり危険です。

歯磨き

歯磨きは歯周病予防などに効果的なので、できるならば食後には歯磨きをしてあげて下さい。
2日に1回でもいいのでなるべく頻繁に歯磨きをし、歯磨きをした時は一緒に歯ぐきのマッサージもしてあげて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>