ミニチュアダックスが膵炎に

我が家で飼っているミニチュアダックスフンドは8歳になり、犬の年齢としてはだいぶ高齢になってきました。これまで大きな怪我や病気をしたことがなく、飼い主孝行な愛犬でしたが、あるひ突然原因不明の嘔吐と下痢をし、食事を一切受け付けようしなくなりました。毎朝毎晩散歩に行くのをとてもたのしみにしていた愛犬ですが動くことすらできなくなり、動物病院につれていきました。触診、聴診のほか、血液検査やレントゲンなどをしてもらい、膵炎の可能性があると伝えられました。そして、とりあえずのところは点滴をさして水分や栄養をとり、口からの摂取はできなくなりました。消化器官のどの部分が消化不良になっているのか、問題が生じているのかを調べるために、バリウムの検査もしました。結局のところ、膵炎ということが確定しましたが、しばらくたっても弁が出ない場合は消化器官の問題をとりのぞくために、お腹をあける手術をするようですと伝えられました。愛犬は1週間、動物病院に入院していました。最初はふるえがとまらなかったり、目がつかれていてたれていたりと、とてもかわいそうな状態でしたが、先生とスタッフの方々の適切で丁寧な診療のおかげで、一日一日と体調が回復していき、排便も自分でできるようになりました。最初にうちは下痢でしたが、だんだんとかたまりの便をすることができるようになり、食欲も少しずつ回復してきたところでやっと退院することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>