去勢手術は病気を防ぐので大事

肛門周囲腺腫にかかりました。この病気は去勢手術をしていないオスの高齢犬に多いと言われています。
愛犬はオスのシーズーですが、このような病気がある事も知らずに、去勢手術は痛いし、可哀そうだと思ったので受けさせませんでした。
中年期以降から、お尻を道路にこすり付けるようになり、獣医さんに診てもらったところ、この病気の診断が下りました。
この病気の治療方法は、腫瘍を切除する事ですが、男性ホルモンと関連があるので同時に去勢手術も受けた方が良いそうです。
愛犬は、心臓に大きな病を抱えていたので、麻酔に耐えられるか責任が持てないと言われ、結局は手術は受けませんでした。
初めは小さな腫瘍でしたが、どんどん大きくなっていき、愛犬も腫瘍部分を頻繁になめるようになってしまった為、紙オムツをさせました。
排泄した後は、必ずお湯か水で浸したタオルでお尻を軽く拭きました。なるべく清潔に保つことも大事だと思います。
腫瘍をむき出しにしていると、ハエなどもたかって良くありません。
大きな腫瘍が肛門の内側にできてしまうと肛門を塞いでしまう為、手術をしなければならなくなるので、とても心配しましたが、うちの場合は外側にできたので排便は問題なくできました。
去勢手術は、こういった病気を防ぐ意味でも受けさせることは大事だったのだと痛感しています。若い頃に受けるべきだったと後悔しました。
愛犬には不快な思いをさせてしまって申し訳ないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>