慢性腎不全を患っている愛犬

愛犬は13歳と高齢犬です。
今年の春から慢性腎不全を患っています。
もともと水はよく飲んでいましたから、水を飲む量が増えたとは思いませんでした。
ただ、食欲が減って痩せてきたような気がしたので、獣医さんに連れて行くと、この診断でした。
愛犬のコッカースパニエルには比較的多い病気だと言われました。

それからというもの、しばらくは3日と空けず、点滴に通いました。
もちろん、ホルモン剤が入っているというお薬も飲んでいます。
また、食事療法として、たんぱく質、塩分を調整したエサを獣医さんから指導していただき、これを食べさせています。
幸い、愛犬は糖尿病などの基礎疾患はありませんでした。
もっとも、そうするとどうやら遺伝の要因が高いというのも可哀想でなりません。

とはいうものの、最近では体重も少し増えてきて、ちょっと元気になってきました。
獣医さんから点滴もしばらくしなくて良いのではないかとまで言われています。
愛犬は臆病なので、獣医さんに通うのが大嫌いです。
そのため、最初は連れて行くのが大変でした。
ですが、そのうちリードを付けると病院だと観念するようになりました。
獣医さんにも慣れて、スタッフさん中の一人がとくに愛犬はお気に入りのようで、今では喜んで車に乗るようになりました。
初めの1ヶ月くらいはほぼ3日に一回獣医さんに通っていましたが、その後は1週間に一回、2週間に一回とだんだん間隔が空いてきました。
このまま何とか落ち着いてくれたらいいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>