犬の病気とダイエットについて

私の家にはポメラニアンがいますが、小さい頃から激しい運動をしたり、猛暑の中での生活になると、息がゼーゼーと音がして、呼吸が苦しいのではないかと心配するほどでした。それが徐々に一日に起こる回数も増えてきたため、病院にフィラリアの薬をもらう時、一緒に診てもらうことにしました。
レントゲンをとったり、聴診器で診察してもらった結果、気管虚脱というもので、小型犬にはよく起こる病気の一つと言われました。
初めて聞いた疾患だったので、先生に詳しく聞くと、鼻につながってる気管が狭く、激しい運動などにより気管がより狭くなり、息がしづらくなるということでした。
また、うちの愛犬は徐々に太ってきていたこともあって、脂肪が気管を圧迫している可能性があるために、まずは5キロあった体重を何か月かかけてダイエットし、1キロは落とすことと言われました。また、ぜんそくのように咳をすることもあったので、気管支拡張剤を処方されて、ひどい時に飲ませるようにと言われました。
診断されてから、ダイエットに励み気を付けていますが、今現在もたまに発作のような感じを起こすことがたびたびあります。
長く続く訳ではなく、一時的なものなので、冷静に対処することが出来るようになりましたが、やはり日頃の体重管理は普段から気をつけるようにしています。
気管についた脂肪はなかなか取れないようで、これに関しては食生活が一番の原因であろうと思うので、今後も様子を見てしばらく続くようならまた処方してもらう予定でいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>